ページの印刷についてホーム > オススメ観光コース > 古の道を歩く 暗峠奈良街道コース

オススメ観光コース

※イラスト地図の赤い矢印がコースです。
※施設名にマウスをのせて「指マーク」が出た場所をクリックすると、その施設の詳細ページにジャンプします。

古の道を歩く 暗峠奈良街道コース 周辺地図を見る 森のレストラン ラッキーガーデン 円福寺往馬坐伊古麻都比古 ケーブルカー鶴林寺 石仏寺 峠の茶屋 すえひろ。 宝山寺 行基墓 往生院 手打ちうどん 風舞 コース内容を見る 友遊由(風のビューカフェ) 菊司醸造 株式会社

古の道を歩く 暗峠奈良街道コース

その他のコースを見る

自転車でめぐる 茶筌のさと高山コース

日本最初のケーブルカーで辿る 宝山寺“聖天さん”コース

神と仏の歴史を辿る 往馬大社・行基墓散策コース

コース内容

1 近鉄「南生駒」駅出発

▼立寄りのお店情報

お店NO菊司醸造 株式会社/酒蔵

移動時間:徒歩約10分

2 美努岡萬墓(みののおかまろのはか)

美努岡萬は、奈良時代の大宝元年(701)に、遣唐使として唐に渡った官人のひとりです。
この墓は、昭和60年に奈良県指定史跡となっています。
明治5年(1872)に「墓誌」が発見され、その中の銘文から美努岡萬の墓であることが判明しました。
古代の人物の墓所が明らかとなる例は、奈良県内でも少なく貴重なものです。

移動時間:暗越奈良街道(くらがりとうげならかいどう) 徒歩約13分
生駒山標高450m。大阪からこの峠を越えて奈良に至る道を「暗越奈良街道」といいます。
奈良時代から発達し、現在も石畳、石仏、道標が残り、ハイキングコースとしても親しまれています。

暗越奈良街道の詳細はこちら

写真:暗越奈良街道(くらがりとうげならかいどう)

3 石仏寺(せきぶつじ)

写真:石仏寺(せきぶつじ)

暗越奈良街道の脇にある石仏寺は、創建年代や寺歴が明らかではありません。
本尊は花崗岩を用いた丸彫坐像の阿弥陀三尊石仏(秘仏)で、永仁2年(1294)に石工・伊行氏(いのゆきうじ)によって作られたことが、刻まれた銘によってわかっています。その右には嘉元4年(1306)と銘のある、石造りの阿弥陀如来立像が、左には地蔵立像(ともに秘仏)の石仏があり、当時の優れた手法を示しています。

石仏寺の詳細はこちら

▼立寄りのお店情報

お店NO春知(しゅんち)/蕎麦屋

移動時間:徒歩約4分

4 藤尾町阿弥陀如来(ふじおちょうあみだにょらい)

暗峠への街道沿いに立つ祠(ほこら)に安置された阿弥陀如来立像です。総高136センチ(像高107.5センチ)で、上部は欠損しています。 来迎印を結んだ像全体を薄肉彫で表したうえに、面部、衲衣(のうえ)、衣文(えもん)などが線彫で施されており、像の左脇には「南无阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」、向って右側面には「文永七年(1270)广午六月日為西仏過去也」の銘があります。 なお、ここから暗峠へ向かって少し西に行ったところには、石仏寺があります。

移動時間:徒歩約7分

5 万葉歌碑(まんようかひ)

わが国最古の歌集「万葉集」は天皇から一般民衆までの広い層の人達によって詠まれた歌集であり、生駒を題材にした歌の歌碑が市内に6基あります。その内の1つが西畑町の石仏近くにあります。古くから狭小な崖地に生駒石を積み上げて耕作面積を確保し、川水、湧水、ため池を利用して営まれてきた棚田の光景も合わせて楽しめるスポットです。

移動時間:徒歩約1分

6 棚田(たなだ)

主に生駒山の南東側の丘陵である“大門・鬼取・小倉寺・有里・西畑・藤尾・萩原”などの地域では、減少したものの、今日でも棚田の風景が見られます。古くからは、狭小な崖地に生駒石を積み上げて耕作面積を確保し、川水、湧水、ため池を利用して営まれてきたものです。日照りによる水不足に備えて、上流域から順に引水するなどの独自の水利慣行が生み出され、先人の知恵によってくらしが守られてきました。

▼立寄りのお店情報

お店NO手打ちうどん 風舞(かざまい)/うどん屋

お店NO友遊由(風のビューカフェ)/喫茶

お店NO峠の茶屋 すえひろ。/喫茶

お店NO森のレストラン ラッキーガーデン/スリランカ料理

移動時間:暗越奈良街道(くらがりとうげならかいどう) 徒歩約40分
奈良県と大阪府の県境、生駒山南の鞍部・標高455.8メートルにあります。奈良〜大和郡山市の榁木峠(むろのきとうげ)からこの峠を経て、枚岡〜難波に至る道を暗越奈良街道といい、奈良時代から往来に使われました。「大和名所図会」によれば、生駒山の南にある小倉山に続くので、椋ヶ根(くらがね)、また松や杉が生い茂り、昼間でも暗いため、暗峠と名付けたとされています。俳人松尾芭蕉の句「菊の香にくらがり登る節句かな」、井原西鶴の著作「世間胸算用(せけんむねざんよう)」に所収の「奈良の庭竈(にわかまど)」に著されています。

暗越奈良街道の詳細はこちら

写真:暗越奈良街道(くらがりとうげならかいどう)

7 近鉄「枚岡」駅

出発点周辺の地図


大きな地図で見る